【本音で解説】男に乳液は不要って本当?実は女性より乳液が必須!

男性できちんとスキンケアをしている人でも、乳液を使っていない人が結構いる。

そういう人が口を揃えていうのが、「男に乳液なんて不要」という意見。

コスメ兄貴

洗顔、化粧水をしっかりとしてるのに、乳液を使ってないメンズも結構いるよね。

乳液は、肌に蓋をして、保湿してくれる。
テカリを防ぐためにも女性よりも、男性の方が乳液がいるよ。

モテ肌ギャル

若いときからやっておくと
年を取ってから得するよ。

男に乳液は必要か、不要か。という議論に終止符を打つよ。

コスメ兄貴

結論から言うと、乳液は必要だ。

オイリー肌の男に乳液は不要は嘘?本当?


男に乳液は「いらない」と考えているメンズ多いですよね。

私もお肌のケアは化粧水だけで乳液をずっと、使っていませんでした。

私自身、オイリー肌で肌がテカリ気味だったので、乳液で不要だと思っていたんです。

しかし、30歳近くになって、オイリー肌から混合肌(オイリー肌+乾燥肌)へと肌質が代わり、化粧水だけだと「乾燥」が気になるようになりました。

本当に「ちょっとした違和感」から乳液を使うようになったのですが、顔のテカリがむしろ無くなりました。

本当に、乳液を使ったら、世界が変わります。

マジで。

だから、男に乳液は「いらない」は嘘です。

メンズスキンケアに、絶対に乳液は必要です。

乳液を塗ると肌がベトベトする感じが嫌で乳液を避けるメンズが一定数います。

しかし、洗顔後にきちんと乳液・クリームで油分を補わないと、顔がテカテカになりやすくなります。

洗顔で皮脂を取り除いたことにより、顔は乾燥しやすい状態になります。

そのため、顔から皮脂の分泌が行われやすい状態になり、結果として顔がテカテカになるということも。

洗顔をしたら、化粧水で潤いを足して、乳液で保護するのがモテ肌の基本です。

コスメ兄貴

乳液を使うようになってから、本当に肌のテカテカが消えました。

同時に肌も綺麗だと褒められるようになりました。

モテ肌ギャル

男の顔テカテカはマジでキモい

顔油かよ。

乳液の目的は、肌のガード。だから、乳液は必要。

乳液を塗る目的は、乳液の油分でお肌に塗った化粧水を閉じ込めることです。

化粧水をたくさん肌に塗ったところで、少しずつ蒸発してしまいます。

そのため、化粧水の水分だけでなく、乳液の油分を加えることで保湿が完成します。

化粧水をぬるだけでなく、乳液で肌を保護してあげましょう。

化粧水+乳液を1回だけで終わったらもったいないです。

毎日継続することが超大切です。

顔のシワは毎日少しずつ老化することでできるように、モテ肌への変化も毎日の少しずつの積み重ねが大切です。

乳液ってどんな成分からできているの?

乳液ときくと、牛乳からできているの?と思う人もいるかもしれません。

乳液とは、乳化した液体を略して乳液です。

乳化とは、本来混ざり合わない水・油が、混ざり合って分散している不透明な液の状態をさします。

乳液は水を主成分として、15〜30%の油分を配合した処方設計です。
化粧水のほとんどは水分である事を考えると、油分が多く保湿の機能を持っています。

乳液・クリームの違いは?

乳液よりも、油分の割合が多いのがクリームです。

クリームは40代以降のメンズにオススメです。

40代になると皮脂の分泌量がぐぐーんと減るので、肌がカサカサになりやすいです。

そのため、油の多いクリームをオススメします。

乳液にはセラミド・ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されることが多いですが、クリームにはシワに効果のあるアンチエイジング成分を配合されることが多いです。

そのため、年齢に合わせた美容アイテムを選びましょう。

乳液・クリームがメンズに不要と言われるのはどうして?

乳液・クリームがメンズに不要と言われる理由は、メンズの肌は女性と比較して皮脂分泌が多いからです。

化粧水を塗った後でも、皮脂分泌が多い男性なら肌の潤いを保つだろうという誤解からはじめっています。

確かに、乳液・クリームを塗ることで顔の油分が過剰になり、皮脂分泌が抑制されるというデメリットも考えれます。

しかし、洗顔で顔の油分を丸ごと取り除いた状態では、いくら皮脂分泌が多いメンズでも洗顔直後はお肌は乾燥状態でカラカラです。

そのため、洗顔後のケアとしては、化粧水+乳液・クリームが基本のスキンケアです。」

むしろ、女性よりも、男性の方が乳液が必要です。

乳液を使えば、乾燥から起因する顔のテカリを防げるだけでなく、小じわを防いてくれます。

乾燥が原因のシワを作りたくないなら、肌の潤いを保つためのケアが本当に大切です。

乾燥しやすい顔のパーツだけでも良いので、乳液を塗るのをオススメします。
乾燥しやすいパーツである目元・口元は、しっかりケアしましょう。

化粧水、乳液の優先度はどっちが上?

化粧水、乳液の両方を使用するのが理想ではありますが、めんどくさいから1つが良い!という人には「化粧水」をオススメします。

化粧水の中でも、保湿成分であるセラミド入りの化粧水をオススメします。

また、化粧水、乳液と何回も使用するのはめんどくさいという人にも、オールインワンジェルをオススメします。

モテ肌を目指すなら、化粧水だけで終わらせたらモッタイ無い。
化粧水はつけた瞬間から蒸発するので、油分(乳液・クリーム)でしっかりと保湿しましょう。

乳液の使い方をご紹介。

1.10円玉くらいを手のひらに


手のひらに、10円玉くらいを出しましょう。

乳液を沢山出し過ぎると顔がテカテカになるので、顔全体に使用できる量さえあれば大丈夫です。

乳液はいきなり、肌につけるのではなく、両手で乳液を伸ばしましょう。
乳液をしっかり伸ばす事で、お肌にムラなく塗る事ができます。

乳液をコットンで塗る人もいますが、化粧水と比較すると数は少ないです。

2.目元・口元から塗る


乳液は乾燥しやすい目元・口元から塗るのがポイントです。

目元・口元は顔全体の中でも皮膚が薄く、乾燥しやすいです。
おまけに乾燥由来の小じわができやすいので、入念にケアしましょう。

顔の印象は、目元で決まると言われています。

クマが目の周りに出来ていたら、めっちゃ疲れてるかも?となりますよね。

クマと同様に、目尻にシワがあったら、めっちゃ老けてる!と思われます。

そのため、目元のケアは最重要任務。

3.ほおを塗り、フェイスラインを!


目元・口元が終わったら、ほお・フェイスラインを塗りましょう。

皮脂分泌の多い、鼻・額といった部位は、てかりの原因になりやすいです。
そのため、乾燥が気になる季節、乾燥肌気味以外の人は塗らなくても大丈夫です。

オイリー肌のベタつきとテカりを抑える!乳液の選び方

乳液の選び方1:保湿成分が配合されていると◎

乳液を使用する目的は、保湿です。

コラーゲン、セラミドなどの保湿成分が配合されていると良いですね。

乳液の選び方2:メンズ用の乳液を選びましょう

女性用と比較して、男性の乳液は、べたつかない・テカリが出にくい乳液が多く発売されています。

男性は女性と比較して皮脂分泌が多く、テカリやすいです。
そのため、女性用乳液を使ったら、顔がテカテカになりやすいです。

乳液を初めて購入するなら、メンズ用の乳液を買ってください。

メンズ乳液の特徴としては、清涼感のあるメントールを配合した乳液もあります。
また、刺激のないノンアルコールタイプなど色々発売されています。

まとめ

肌の乾燥をほっておくと、顔のシワが増えておっさん肌に一直線です。

女性ならシワ対策というのは最優先で取り組んでいるのに、男性はシワ対策をするのはシワが発生した後です。

シワは肌のタルミなので、シワが出来た後に努力しても遅いです。

若いうちから、化粧水+乳液の保湿が基本です。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です