剃刀負けする男性にオススメの正しい髭剃り方法|髭剃りで肌荒れ?

男性は毎日、髭剃りは欠かせないです。

しかし、髭剃りの正しい方法を学んで実践しているのは、本当に一握りです。

ヒゲのお手入れの一番の基本は、ヒゲの生えている方向とは逆に向かって剃りましょう。

しかし、ヒゲの剃り方はわかっても、正しいヒゲのお手入れの仕方までは知っている人は少ないです。

ヒゲを剃ると、肌も一緒に傷がつく

ヒゲを剃るといっても、皮膚から生えた髭だけを剃るのは非常に困難です。

清潔感のある見た目=毛の剃り残しがない深剃り  というのは事実なので、皮膚へのダメージの大きい剃り方をしないといけません。

髭を剃ると、肌の角質層まで一緒に剃ってしまうのは仕方がないことです。

髭を完全に分からなくするには、相当皮膚への負担が大きいということです。

口周りの濃い髭が気になって、何回も剃り直して、剃刀負けで血が出ちゃうこともありますが、髭と同時に皮膚も削っているという事実が忘れないで欲しいです。

髭を剃る=肌への負担を与えているというのは事実です。
そのため、肌への負担が少ない方法で、髭を剃る必要があります。

肌への負担の少ない髭の剃り方を一緒に学びましょう。

肌への負担の少ない髭の剃り方

髭剃りの方法①:剃刀よりも、電気シェイバーを使おう!

剃刀は、肌への負担が大きいので、電気シェイバーをオススメします。

剃刀の方が髭が深く剃れるから愛用しているという人も多いですが、それだけ肌への負担が大きいということです。

剃刀は肌へ直接触れるので、剃刀負けしやすいです。

一方で、電気シェイバーは刃先が直接、肌に触れないので肌へのダメージが少ないです。

電気シェイバーは水無しでも髭を剃ることができますが、剃刀だと絶対できません。
つまり、それだけ皮膚への負担の差があるという事です。

剃刀、電気シェイバーのメリット、デメリットを整理しておきます。

剃刀の特徴


剃刀は5枚刃、ヘッドが動く等の改良が加えられて、肌への負担が少ない商品も増えました。
しかし、剃刀は構造上、肌を削らざるを得ないので、オススメ度は低いです。

剃刀の特徴

  • 1000円以下で安価
  • 深剃りができるが、肌への負担大
  • 定期的に買い替えが必要

電気シェイバーの特徴


電気シェイバーはお風呂でも使える、防水加工をオススメします。
ウェットシェイビングができるので、肌への負担が少ない髭剃りができます。

電気シェイバーの特徴

  • 刃先が皮膚に触れないので、優しい
  • 深剃りが苦手
  • 剃刀よりも値段が高い

髭剃りの方法②:泡タイプのシェービングフォームを使おう!


髭剃りをするときは、泡タイプのシェービングフォームを使いましょう。

シェービングフォームは泡以外にもジェルタイプもありますは、絶対モコモコの泡が良いです。

プッシュをすると、ムース状態の泡が出るタイプが売っているので買いましょう。

泡の良い点は、摩擦を起こりにくくすることで、剃刀がすべりやすくする事です。

電気シェイバーなら必ず必要なわけではなく、シェービングフォームが無くても剃れますが肌への負担を考えると絶対あった方が良いです。

髭剃りの方法③:髭が濃い人は、電気シェイバーを持ち歩こう

剃刀なら深く剃れるけど、電気シェイバーは表面しか剃れないので夕方まで保たないという人もいます。

そんなに髭が気になるなら、電気シェイバーを持ち歩きましょう。

髭剃りの方法④:髭剃り前に、温めてダメージ軽減

肌・髭は温める事で、柔らかくなります。
髭を柔らかくして、剃刀で剃りやすくする事で肌への負担を減らしましょう。

理想的な髭の温め方は、湯船やシャワーで髭を温めてあげる事です。

朝にお風呂は入る習慣が無いという人には、蒸しタオルをオススメします。

タオルを水で濡らして、十分絞った後に、500Wで90秒すれば熱々のタオルが完成です。

蒸しタオルの水分と、温度によって、髭が柔らかくなって剃りやすくなります。

理容店に行く習慣のある人なら、経験があると思いますが、髭剃りの前にタオルで顔を温めますよね。

髭剃りに関する基本の知識

髭が生えてくるポイントは、決まっている

髭が生えやすいポイントは、4箇所です。

首筋、あご、ほお、口周りが髭が生えやすく、口周りがもっとも濃いです。

髭が生えやすいポイントを抑えて、髭剃りをしましょう。

髭は40代をピークに減っていく

髭は男性ホルモン(テストステロン)の影響を受けて、成長する部位です。

男性ホルモンは40代に向かって増えていくため、40代まで髭はどんどん濃くなっていきます。

50代になると男性ホルモンの働きが少しずつ弱くなるので、髭が少しずつ薄くなっていきます。

体の部位による、髭の生え方は異なる

髭は部位により、生え方が異なります。

顔周辺にある、ほお・鼻の下・あごは、毛がピンと張っています。
しかし、首筋・顎下などの顔から離れた場所にある髭は、毛先が寝ています。

そのため、毛先が寝ている首筋・顎下といった部分は、剃り残しが出やすいので注意が必要です。

まとめ

肌へのダメージが少ない髭剃りの方法を紹介しました。

髭剃りのポイントは、3つのポイントを抑えましょう。

  • 電気シェイバーを使う
  • 髭を剃る前に、温める
  • 泡タイプのシェイビングフォームで肌を守る

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です